40代主婦、変化とのゆるりとした戦い☆彡

40代主婦で、主人、小学生の子供2人、愛犬1匹と暮らしています。子育て中でバタバタと日常は変化しますが、ゆるりと楽しく過ごしています。

ジャパニーズスーパーフードは身近な日本食ばかりでした!発酵食品・米類・茶類など☆彡

スポンサーリンク

こんにちは!

こちらのブログをご覧いただきありがとうございます!(^^)!

 

今日も、以前から書いているスーパーフードについてですが、その中でもジャパニーズスーパーフードと呼ばれるものについて書きたいと思います。

 

スーパーフードと言うと、海外のセレブが使っている高級な食材なのではと思ってしまいますが、日本で普段から食べられている食材にも数多く存在します。

 そもそもスーパーフードとは

『スーパーフードの定義』
●栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。


●一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。


≪引用≫一般社団法人日本スーパーフード協会HP

 

 

www.superfoods.or.jp

 

 

味噌、ぬか漬け、甘酒、下の写真の他にも納豆、抹茶、昆布、梅干しなど、とても身近な食材にもスーパーフードと呼ばれるものが数多く存在します。

 

f:id:skysky28:20201206075819j:plain

 

ジャパニーズスーパーフード

 

【味噌】

日本食でなら味噌汁に使うので、食卓に出ることが多いのではないでしょうか。大豆を発酵させているので、たんぱく質が吸収しやすく、長期保存が効きヘルシーである。

 

【甘酒】

『飲む点滴』と言われるほど栄養価が高い甘酒。麹酸が豊富なので、シミやそばかすを防いでくれる。酵素が豊富なので代謝がアップしダイエットに効果的。オリゴ糖や食物繊維が豊富なので、腸内環境が整い免疫力アップ!

 

【ぬか漬け】

腸内環境を整え、免疫力を高める効果がある。植物性乳酸菌、たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンE、酵素など栄養素が豊富に含まれており、ダイエット効果も期待できる。

 

 

 

スーパーフードとカタカナで表記なので、てっきり海外のものしかないのかななんて思っていましたが、身近な日本食にもたくさんあるのが嬉しくなりました!

 

「スーパーフード」がひらがな表記になったら、「すごいたべもの」でいいんでしょうか?(笑)

 

味噌は味噌汁でほぼ毎日食べています。

 

甘酒はもともと好きなのですが、お正月に神社で飲んだり、たまに子供が飲みたがる時に買う程度でした。ですが、今はスムージーに使っているので、週に3回くらいはは私も飲んでいます。美味しいですよね。

 

ぬか漬けも家族で好きなので常備しています。

 

無印の発酵ぬかどこを買ってみたのですが、これがけっこうおいしくて続けています。

 

 

 さいごに

日本食を見るとなんだかほっこりして安心します。

スーパーフードに日本食がたくさん含まれていたので嬉しいです。

そして、一般社団法人日本スーパーフード協会さんのHPにあるように、海外のものでまだ食べたことがない食品がたくさんあるので、次はどんな食品を使ってみるか試行錯誤の日々です☆彡