☆彡40代主婦、変化とのゆるりとした戦い☆彡

40代主婦で、主人、小学生の子供2人、愛犬1匹と暮らしています。子育て中でバタバタと日常は変化しますが、ゆるりと楽しく過ごしています。

王様の野菜☆彡モロヘイヤ

こんにちは!

 

こちらのブログをご覧いただきありがとうございます!(^^)!

 

昨日は、今が旬であるモロヘイヤを食べました。

 

私が最初にモロヘイヤを食したのは、野菜ジュースでした。

 

野菜ジュースの成分を見るとモロヘイヤと書いてありました。

 

んー、なんとも聞きなれない言葉..........。

 

単独だと、どんな味がするんだろう。

 

モロヘイヤのお浸し

 

そしてスーパーでも見かけるようになり、食卓にも出すようになりました。

f:id:skysky28:20200723072100j:plain

 

葉っぱだけ見ているとすごく苦くて、クセがあるのかなと思いきや食べると特にクセもありません。オクラのようにネバネバ感があり、むしろツルツルと食べやすい!

 

今回は、モロヘイヤをお浸しで食べました。

 

f:id:skysky28:20200723072136j:plain

 

食べやすい大きさに切り、1分半程茹で、オリーブオイル、お酢、塩コショウで和えました。

 

f:id:skysky28:20200723072329j:plain

 

あっと言う間に出来上がりました。

 

 

そこで、気になるモロヘイヤの栄養です。どんな栄養が含まれているのでしょう。

 

 

モロヘイヤの栄養

 

モロヘイヤは原産地がアフリカで、昔、病気だったエジプトの王様がモロヘイヤスープによって治ったという言い伝えがあり【王様の野菜】と言われています。

 

・βカロテン・・・抗発がん作用、目の疲れをとる、皮膚や粘膜の健康維持

※モロヘイヤには、βカロテンがニンジンの倍近く含まれる。

 

・ビタミンC・・・風邪予防、疲労回復、美肌効果

 

・ビタミンK・・・骨粗鬆症の予防

※モロヘイヤには、ビタミンKが野菜平均の5倍近く含まれる。

 

・カルシウム・・・骨や歯の形成、細胞の機能調整

※モロヘイヤには、カルシウムが野菜平均の4倍近く含まれる。

 

葉酸・・・DNAやタンパク質の合成を促成、胎児の正常な発育に必要不可欠

 

以上のように、モロヘイヤにはとても豊富な栄養が含まれているため、【王様の野菜】という呼ばれ方があるようです。

 

 

さいごに

旬の野菜を食べることにより、栄養を摂取しやすくなるので上手く取り入れて行きたいです。そして、やはり食べ物は偏りがあってはいけないので、バランスも考えたいです☆彡